title.gifBarbaroi!
back.gifルキアノスとその作品


偽ルキアノス作品集成

目次






 ルキアノスの真作ではないとして、研究者たちからお墨付きをもらっている作品は、内田信次が「異性愛と少年愛」を訳している以外、いずれの訳者も(近藤司郎氏でさえ)訳出を拒んできた。しかし、資料的に意味のある作品が多いことも事実である。
 わたしが偽ルキアノス作品集を邦訳せざるを得なかった所以を記しておく。
(1)パラドクサ作品集を蒐集していたとき、偽ルキアノス「長命者」に行き当たり、これを邦訳せざるをえなかったこと。
(2)犬儒派の作品を蒐集していたとき、偽ルキアノス「犬儒者」に行き当たり、これを邦訳せざるを得なかったこと。
(3)ヘレニズム期の宗教的折衷主義を調べていたとき、アプレウス『黄金の驢馬』と密接な関係のある偽ルキアノス「ルゥキオス、あるいは、驢馬について」に行き当たったこと。
(4)イソップ寓話の伝承を調べていて、挿し絵というものに関心をいだき、その初めはおそらく、言葉で絵を描く、あるいは、絵を説明するEijkovneVという手法であるが、ルキアノスもまたこの手法を模倣していることを知ったこと。

 近藤司朗氏は、ルキアノス全集の邦訳を志し、「ギリシア語事始め」のホーム・ページ上に次々とアップしておられた。ところが、偽作は邦訳から外しておられた。
 ルキアノスの真作でさえ、邦訳される作品は偏っている(作品一覧参照)。まして、偽作となれば、資料的価値があっても、おそらく邦訳されることはあるまいと思い、ならば、近藤司郎氏の向こうを張って、彼の邦訳の補完として、偽作のみを邦訳し、アップしようと志したわけである。
 ところが、どうしたわけか、近藤司郎氏の翻訳はいつしか中断し、やがてそのホーム・ページさえリンク切れとなってしまった。まことに残念としか言いようがない。こんなことなら、氏の邦訳をダウンロードし、勝手にアップしておくのだったと、悔やまれてならない。
 そういうわけで、偽ルキアノス作品集となった次第である。

2010.11.04.




[目次]



[底本]
TLG 0061
Pseudo-LUCIANUS Soph.
(p. A.D. 2)
〔TLGは、『偽ソフィスト、あるいは、語法誤用者』および『痛風』を、ルキアノスの真作として、『ネローン』を、フラウィウス・ピロストラトスの作品として扱う〕。
1 1
0061 001
Asinus, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 52-144.
(Cod: 9,802: Narr. Fict.)
2 1
0061 002
Amores, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 150-234.
(Cod: 7,747: Dialog., Satura)
3 1
0061 003
Demosthenis encomium, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8.
Cambridge, Mass.: Harvard University Press, 1967: 238-300.
(Cod: 5,224: Dialog., Encom., Rhet.)
4 1
0061 004
Halcyon, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 306-316.
(Cod: 948: Dialog., Satura)
5 1
0061 005
Ocypus, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 358-376.
(Cod: 1,131: Satura)
6 1
0061 006
Cynicus, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 380-410.
(Cod: 2,487: Dialog., Satura)
7 1
0061 007
Philopatris, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 416-464.
(Cod: 3,402: Dialog., Satura)
8 1
0061 008
Charidemus, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 468-502.
(Cod: 3,500: Dialog., Encom., Satura)
9 1
0061 009
Epigramma, ed. M.D. Macleod, Lucian, vol. 8. Cambridge, Mass.:
Harvard University Press, 1967: 526.
(Q: 33: Epigr.)
10 1
0061 010
Epigrammata, AG6.17; 7.308; 9.120, 367;
10.26-29, 31, 35-37, 41-42, 122; 11.274, 294, 396-397, 400-405,
410, 427-436; 16.154, 163-164, 238.
5
(Q: 1,141: Epigr.)

61x 1 1
0061 x01
Nero cf. Flavius PHILOSTRATUS Soph. (0638 055).
(Q: Dialog., Hist.)

〔TLG 0638
Flavius PHILOSTRATUS Soph.
(A.D. 2-3: Lemnius)
5 1
TLG 0638 005
Nero, ed. C.L. Kayser, Flavii Philostrati opera, vol. 2. Leipzig:
Tubner, 1871 (repr. Hildesheim: Olms, 1964): 220-224.
(Cod: 1,046: Dialog., Hist.) 〕

0061 X02
Epistulae
Cf. ANACHARSIDIS EPISTULAE (TLG 0037 001).
Cf. PHALARIDIS EPISTULAE (TLG 0053 001).
5
(Q: Epist.)
3 1
0061 X03
Epigramma demonstrativum
Dup. 0061 009.
App. Anth. 3.132: Cf. ANTHOLOGIAE GRAECAE APPENDIX (TLG 7052 003).
5
(Q: Epigr.)


  
forward.gif語法誤用者mole.gif
back.gif表紙にもどる