三月書房 (新本屋です)     お問い合わせはメールで
〒604-0916 京都市中京区寺町通二条上ル西側
◇TEL 075-231-1924     ◇FAX 075-231-0125
営業時間 ◇平日・11:00am〜07:00pm(火曜・定休)
 ◇日祝休日・12:00pm〜06:00pm

三月書房在庫目録(すべて新本です) (※)通販もしています
「猫々堂の本」の在庫
(註:猫々堂さんは高知市にある版元です)

     ※表示価格は税抜 きです。消費税が別途かかります。
 
  ▲三月書房ホームへ ▲吉本隆明新刊案内のページへ

書名 税抜価格
「吉本隆明資料集<1>(鼎談・座談会をテーマ別にまとめたもの)
   
「芸術運動の今日的課題」(1956)花田×岡本潤×吉本
    「左翼文学」(1963)野間×花田×平野×吉本
    「戦後文学白書」(1964)磯田×平野×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<2>」最初期の映画合評 5本立て
    
(1956)吉本、花田、武田、梅崎、若杉、佐々木 他
1200円
「吉本隆明資料集<3>」映画情況への発言
 
   (1958)「映画・文学・批評」奥野×清岡×井上光晴×吉本
    (1968)「芸術と現代」
石堂淑朗×小川徹×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<4>」戦争責任 
    
(1956)「特殊から普遍へ」秋山清×村松剛×吉本
    (1956)「戦争責任を語る」荒×大熊×佐々木×白井
×杉浦×武井×
        原田×平野×本多×村上×吉本ほか
1200円
「吉本隆明資料集<5>」戦争責任論から反安保闘争へ
    
(1958)「すぎゆく時代の群像」鶴見×葉山×吉本
    (1960)「知識人の責任とはなにか」
江藤×竹山×吉本ほか
1200円
「吉本隆明資料集<6>」六〇年安保闘争の渦中から 6.15以前
    (1960)「トロツキストと云われても」×葉山×吉本
    (1960)「反スターリニズムの周辺」
対島×黒田×吉本
    (1960)「技術者と哲学」
奥野×佐藤信行×安居院×吉本
1200円
「吉本隆明資料集<7>」六〇年安保闘争の渦中の発言 6.15以後
    (1960)「前衛党の不在と全学連の悲劇」
黒田×齋藤×吉本
    (1960)「安保闘争の前進のために」
武井×日高×吉本
    (1960)「日本の苦悩に目をそらすな」
近藤×福田×村松×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<8>」安保闘争の総括をめぐる論戦
    (1960)「ゼロからの出発」谷川×鶴見×藤田×吉本
    (1960)「
戦争と革命」荒×埴谷×三浦××山田×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<9>」安保闘争の総括から、
             自立の拠点としての<試行>の創刊へ
    (1960)「苦悩する左翼」浅田×高木×三浦×吉本
    (1961)「さしあたってこれだけは」
関根×谷川×吉本
    (1962)「『情況』と『行動』・その他」
谷川×村上×吉本
    (1962)「『擬制の終焉』をめぐって」
竹内×日高×山田×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<10>」初期の詩と短歌・俳句をめぐる討議
    (1957)「詩と政治の問題」黒田×鈴×関根×中野×吉本
    (1958)「詩は誰が理解するか」
秋山×鮎×大西×吉本他 
     (1962)「短歌・俳句の文学責任」
加藤×木俣×窪×吉本他
1000円
「吉本隆明資料集<11>」転換期の批評のあり方を問う座談会
    (1959)「批評の誕生」×佐伯×埴谷×平野×吉本他
    (1960)「平野謙−その仕事と人間」
埴谷×高見×吉本他
1000円
「吉本隆明資料集<12>」思想の方位と詩歌の基底に迫る討論
    (1960)「埴谷雄高−その仕事と人間」鶴見×平野×吉本他
    (1962)「モダニズムと短歌をめぐって」
塚本×寺山×吉本他
1000円
「吉本隆明資料集<13>」
    (1962)「日本思想史と転向」鶴見×平野×本多×吉本他
    (1963)「戦後思想の断面
高見×野間×日高×吉本他
1000円
「吉本隆明資料集<14>」
    (1964)「何を目指すか」鮎川×田村×吉本
    (1965)「日本人の経験をめぐって」
鮎川×谷川雁×吉本他
1000円
「吉本隆明資料集<15>」
    (1963)「宮沢賢治の価値」鶴見×中村稔×吉本
    (1970)「現代詩100年の総展望」
鮎川×大岡×清岡×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<16>」
    (1963)「これだから分かりやすい、分かりにくい」
          小海×ゼンダー×吉本
    (1971)「戦後詩の全体像」
鮎川×大岡×清岡×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<17>」
    (1972)「高村光太郎の世界」高知×高階×北川太一×吉本
    (1972)「詩論とは何か」
鮎川×大岡×清岡×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<18>」
    (1973)「北原白秋の復権」鮎川×山本太郎×吉本他
    (1974)「昭和詩をどうとらえるか」
鮎川×大岡×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<19>」
    (1976)「短詩型の伝統と現在」寺田透×大岡×吉本
    (1978)「詩歌への感応」
寺田透×大岡×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<20>」
    (1977)「小林秀雄をめぐって」饗庭×桶谷×吉本ほか
    (19--)「作家訪問記」
    (19--)「あまたの海鳥が海の上で」(川上春雄)
1000円
「吉本隆明資料集<21>」
    (1977)「太宰治と聖書」饗庭×桶谷×武田友寿×吉本ほか
    (1980)「吉本隆明の文学とその軌跡」

          全国同人雑誌作家協会メンバー
×吉本
    (1983)「公開質問」三枝浩樹×滝×藤森×永田×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<22>」
    (1978)「超越性に向かう詩人の方法」鮎川×大岡×吉本
    (1985)「光太郎書をめぐって」
石川九楊×北川×吉本他
    (1996)「(鑑賞)高村光太郎」吉本
1000円
「吉本隆明資料集<23>」
    (1984)「内なる風景、外なる風景」村上龍×坂本龍一×吉本
    (1985)「言葉へ・身体へ・世界へ」
ねじめ×比呂美×吉本
    (1996)「(鑑賞)高村光太郎」吉本
1000円
「吉本隆明資料集<24>」
    (1987)「現代文学と世界像」島田×小林×富岡×吉本
    (1987)「広告は悩んでる」
糸井×堤×吉本    
    ※吉本隆明鼎談座談リスト
1000円
「吉本隆明資料集<25>」
    
(1986)「菊屋まつりフリートーク」加藤典洋、竹田青嗣、橋爪、
           小浜、北川、成田、瀬尾、吉本
    (1988)「『春秋』300号を振り返って」山折×芹沢×吉本
1000円
「吉本隆明資料集<26>」
    
(1990)「宗教と科学の接点を問う」鶴見俊輔、河合隼雄、吉本
    (1993)「短詩型文学 百年のパラダイム」
三枝、夏石、大西、吉本
    (1993)「尾崎豊は殉教者か」
尾崎健一、山下悦子、吉本
1000円
「吉本隆明資料集<27>」
    
(1993)「蓮如:その限界と可能性」川村邦光、山折哲雄、吉本ほか
    (1995)「半世紀後の憲法」
竹田、橋爪、加藤、吉本
    (1990)「詩的な喩をめぐって」
坂出裕子、大野道夫、吉本ほか
    その他短文集
1000円
「吉本隆明資料集<28>」 『試行』全目次・後記、執筆者索引ほか 2000円
「吉本隆明資料集<29>」 『試行16』号(1966/02)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1200円
「吉本隆明資料集<30>」 『試行17』号(1966/05)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1200円
「吉本隆明資料集<31>」 『試行18』号(1966/08)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1200円
「吉本隆明資料集<32>」 『試行19』号(1966/12)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1200円
「吉本隆明資料集<33>」 『試行20』号(1967/03)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1200円
「吉本隆明資料集<34>」 『試行21』号(1967/06)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1200円
「吉本隆明資料集<35>」 『試行22』号(1967/09)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1250円
「吉本隆明資料集<36>」 『試行23』号(1967/12)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1250円
「吉本隆明資料集<37>」 『試行24』号(1968/04)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1250円
「吉本隆明資料集<38>」 『試行25』号(1968/08)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1250円
「吉本隆明資料集<39>」 『試行26』号(1968/11)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1250円
「吉本隆明資料集<40>」 『試行27』号(1969/03)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1300円
「吉本隆明資料集<41>」 『試行28』号(1969/08)復刻版 ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1250円
「吉本隆明資料集<42>」 『文学者の戦争責任』(1956年9月20日発行)の復元      1200円
吉本隆明資料集<43>」 飯塚書店版『高村光太郎』(1957年7月1日発行)の復元      1800円
吉本隆明資料集<44>」 『日本現代詩論争史』 (『現代詩』1957年9月号〜58年2月号)他  1200円
吉本隆明資料集<45>」 『抵抗詩』、座談会『国鉄王国をやぶれ』ほか 1200円
吉本隆明資料集<46>」 『丸山真男論(一橋新聞初出)』、「サド裁判証人証言」 1300円
吉本隆明資料集<47>」 『6.15事件 思想的弁護論』ほか  1250円
吉本隆明資料集<48>」 『共同幻想論(「文芸」初出)』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1250円
吉本隆明資料集<49>」 『情況【上】(「文芸」初出)』ほか  ※在庫セズ。取り寄せ可能 1250円
吉本隆明資料集<50>」 『情況【下】(「文芸」初出)』ほか  ※在庫セズ。取り寄せ可能 1250円
吉本隆明資料集<51>」 『書物の解体学【上】(「海」初出)』ほか ※在庫セズ。取り寄せ可能 1250円
吉本隆明資料集<52>」 『書物の解体学【中】(「海」初出)』ほか ※在庫セズ。取り寄せ可能 1250円
吉本隆明資料集<53>」 『書物の解体学【下】(「海」初出)』ほか ※在庫セズ。取り寄せ可能 1300円
吉本隆明資料集<54>」 『聞書・親鸞(初出)』ほか 1500円
吉本隆明資料集<55>」 『〈戦後〉経済の思想的批判・初期歌謡』ほか 1200円
吉本隆明資料集<56>」 『心的現象論 眼の知覚論・身体論』ほか  ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1800円
吉本隆明資料集<57>」 『遠い自註(連作詩篇)』 1400円
吉本隆明資料集<58>」 『島尾敏雄の世界』 1500円
吉本隆明資料集<59>」 『心的現象論 関係論』  ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1600円
「吉本隆明資料集<60>」 色材論 /初期化学論文』 1200円
吉本隆明資料集<61>」 『太宰治試論 /情況の根源から』ほか  1200円
吉本隆明資料集<62>」 『西行 僧形論・武門論』ほか 1300円
吉本隆明資料集<63>」 『戦後詩の体験・宮沢賢治論』ほか 1200円
吉本隆明資料集<64>」 『小林秀雄・芥川龍之介における虚と実』ほか 1300円
吉本隆明資料集<65>」 『心的現象論 了解論1』  ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1500円
吉本隆明資料集<66>」 『歳時記・季節論』   1200円
吉本隆明資料集<67>」 『賢治文学におけるユートピア、『死霊』について』   1300円
吉本隆明資料集<68>」 『心的現象論 了解論2』  ※在庫セズ。取り寄せ可能。 1500円
吉本隆明資料集<69>」 『戦後詩における修辞論・小林秀雄をめぐって』   1300円
吉本隆明資料集<70>」 『 横光利一論・南方的要素 1300円
吉本隆明資料集<71>」 『 現代詩の思想村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』ほか 1200円
吉本隆明資料集<72>」 『心的現象論 了解論 3』  ※在庫セズ。取り寄せ可能。 2400円
吉本隆明資料集<73>」 『文芸時評・上(『空虚としての主題』初出)ほか』   1300円
吉本隆明資料集<74>」 『文芸時評・下(『空虚としての主題』初出)』  ほか 1300円
吉本隆明資料集<75>」 『源氏物語論(初出)』   1500円
吉本隆明資料集<76>」 『物語の現象論・若い現代詩』   1300円
吉本隆明資料集<77>」 『マス・イメージ論(上)』 1300円
吉本隆明資料集<78>」 『マス・イメージ論(下)』   1500円
吉本隆明資料集<79>」 『大衆文化現考・天皇制について』 1400円
吉本隆明資料集<80>」 『ジョバンニの父とはなにか・未踏の作業』  1300円
吉本隆明資料集<81>」 『柳田国男論(初出)』  2000円
吉本隆明資料集<82>」 『いま、どんな時代なのか』  1400円
吉本隆明資料集<83>」 『新・書物の解体学1』  ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1400円
吉本隆明資料集<84>」 『ハイ・イメージ論(初出)1』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集<85>」 『本について・食うべき演劇』ほか 1400円
吉本隆明資料集<86>」 『西行 歌人論』ほか 1400円
吉本隆明資料集<87>」 『ハイ・イメージ論(初出)2』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集<88>」  『芥川・太宰・三島の『自殺の運命』/石川九楊論』ほか 1400円
吉本隆明資料集<89>」 『シモーヌ・ヴェイユについてのメモ』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1600円
吉本隆明資料集<90>」 『ハイ・イメージ論(初出)3』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集<91>」 『漱石が創った女たち・家族の幻像』ほか 1400円
吉本隆明資料集<92>」 『視線と解体』ほか 1700円
吉本隆明資料集<93>『心と身体の物語・共同体への視点と文学』 1400円
吉本隆明資料集<94>」 『ハイ・イメージ論(初出)4』ほか ※在庫セズ。取り寄せ可能 1600円
吉本隆明資料集<95>」 『新・書物の解体学 2』 ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1500円
吉本隆明資料集<96>」 『人間の死 自然の死 農業の死』  1600円
吉本隆明資料集<97>」 『ハイ・イメージ論(初出)5』ほか ※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集<98>」 『岡本かの子/『新らしい』という映画』ほか  1400円
吉本隆明資料集<99>」 『南島論  2000円
吉本隆明資料集(100)」『ハイ・イメージ論6』 ※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集(101)」『 時代をどう超えるか』  1400円
吉本隆明資料集(102)『新・書物の解体学 3』 ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集(103)ハイ・イメージ論7』 ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集(104)猫の話 そのほかの話』 ほか 1500円
吉本隆明資料集(105)加速する変容/宮沢賢治を語る』 ほか 1500円
吉本隆明資料集(106)匂いを讀む』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(107)『 都市、時代そして自然』 ほか 1400円
吉本隆明資料集(108)ニッポンの現在』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(109)三島由紀夫の思想と行動/詩的な喩の問題』 ほか 1600円
吉本隆明資料集(110)」『消費のなかの芸(初出)・上』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集(111)」『 ハイ・イメージ論([母型論])8』 ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集(112)」『 国男と花袋/世界観権力の終焉と言語 ほか 1700円
吉本隆明資料集(113)」『イメージ論1992〜1993 ほか 1700円
吉本隆明資料集(114)」『いま、何を考えるのか ほか 1700円
吉本隆明資料集(115)」『 ハイ・イメージ論([母型論])9』 ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1700円
吉本隆明資料集(116)」『 漱石的時間の生命力/『遠野物語』と『蒲団』の接点』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(117)」『 時代という現場/茂吉短歌の初期』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(118)」『死の概念の変遷/日本語を遡行する』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(119)」『 情況との対話1』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(120)」『 食べものの話』  1700円
吉本隆明資料集(121)]『社会風景論』 1700円
吉本隆明資料集(122)]『イメージ論1993〜1994』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(123)]『ほか物語の中のメタファー/心の病の時代  1700円
吉本隆明資料集(124)]『二葉亭の文學三木成夫さんについて』ほか 1800円
吉本隆明資料集(125)]『あかるい太宰、くらい太宰』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(126)]『論争の流儀と決着の仕方/室生犀星』 ほか 1700円
吉本隆明資料集(127)]情況との対話2・現代とマルクス ほか 1800円
吉本隆明資料集(128)]『消費のなかの芸・下』ほか※在庫セズ。取り寄せ可能 1800円
吉本隆明資料集(129)」『 政治・経済・社会を讀む/鴎外と漱石』 1800円
吉本隆明資料集(130)」『心について/自衛隊『合憲』論の歴史的犯罪』ほか 1700円
吉本隆明資料集(131)」『総論 柳田民俗学』 1800円
吉本隆明資料集(132)」『幸田文について/大衆の原像』ほか 1700円
吉本隆明資料集(133)」『「全共闘白書」を読んで/根柢への出立に向けて』 1800円
吉本隆明資料集(134)」『写生の物語(上)/古代歌謡論』 1800円
吉本隆明資料集(135)」『ヘーゲルについて/廣松渉の国家論・唯物史観』 1800円
吉本隆明資料集(136)」『情況との対話3/現在をどう生きるか』 1800円
吉本隆明資料集(137)」『日本的なものとはなにか/詩はどこまできたか』 1800円
吉本隆明資料集(138)」『文学の戦後と現在/『死霊』考』 1800円
吉本隆明資料集(139)」『表現論/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』1 1800円
吉本隆明資料集(140)」『フーコーについて/プレ・アジア的ということ』     1800円
吉本隆明資料集(141)」『荒木写真とはなにか/村上春樹『アンダーグラウンド』批判」 1800円
「吉本隆明資料集(142)」『写生の物語(下)/実朝論』 1800円
「吉本隆明資料集(143)」『知識人−その思想的課題/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』2』 1800円
「吉本隆明資料集(144)」『中原中也・立原道造/小林秀雄を読む』 1800円
吉本隆明資料集(145)」『あの頃二人は/戦後思想の系譜』 1800円
吉本隆明資料集(146)」『国家・家・知識人・大衆/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』3 1800円
吉本隆明資料集(147)」『日本アンソロジーについて/未来への手がかり 1800円
吉本隆明資料集(148)」『近代の果て、現在の果て/日本文化の特質 1800円
吉本隆明資料集(149)」『知識人の自立の問題/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』4 2000円
吉本隆明資料集(150)」『江藤さんの特異な死/贈与の新しい形 1800円
吉本隆明資料集(151)」『TVを読む/マルクスはヘーゲルを超えたか 1800円
吉本隆明資料集(152)」幻想〜その打破と主体性/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』5』 2000円
吉本隆明資料集(153)」『 西川俳句について/討議 近代詩史』 1800円
吉本隆明資料集(154)」現在に見る理想社会への道/本多秋五さんの死 1800円
吉本隆明資料集(155)国家論/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』6 2000円
吉本隆明資料集(156)死線を超えて/同時多発テロと戦争 1800円
吉本隆明資料集(157)『 川上春雄さんを悼む/存在倫理について』 1800円
吉本隆明資料集(158)『 喩としての聖書/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』7』 2000円
吉本隆明資料集(159)『「行人」をめぐって/精神の考古学』 1800円
吉本隆明資料集(160)『遠い自註』に浮かぶ舟/持続あるのみ。やめたら、おしまい 1800円
吉本隆明資料集(161)連合赤軍事件をめぐって/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』8 2000円
吉本隆明資料集(162)〈真の人間解放〉とはなにか/心と言葉、そのアルケオロジー 1800円
吉本隆明資料集(163)〈中原中也について/イエスとはなにか 1800円
吉本隆明資料集(164)『 鮎川詩の問題/宿沢あぐり『吉本隆明年譜』9』 1800円
     
若月克昌 小説集 「ニューヨーク炭鉱の悲劇」(製作・猫々堂)  税抜1000円 ミッドナイト・プレス発売

※表示価格は税抜 きです。消費税が別途かかります。

▲三月書房ホームへ

三月書房 (新本屋です)     お問い合わせはメールで
〒604-0916 京都市中京区寺町通二条上ル西側
◇TEL 075-231-1924     ◇FAX 075-231-0125
営業時間 ◇平日・11:00am〜07:00pm(火曜・定休)
 ◇日祝休日・12:00pm〜06:00pm